HOME > 寺院墓地 > 金乗院
  • お墓のメンテナンス
  • お墓のリフォーム
  • お墓のお掃除

金乗院(真言宗豊山派・東京都練馬区)

金乗院は如意山金乗院万徳寺といい、真言宗豊山派の寺で本尊は愛染明王です ( 豊島八十八ヶ所第32番札所 ) 。
『新編武蔵風土記稿』によると、開山僧は行栄、開墓は木下大炊介。慶安二年 (1649 ) には寺領18石9斗余の御朱印を賜りました。寺の沿革によれば、僧行栄が文禄年間 ( 1592〜6 ) に開いたと記されています。
山門は三代将軍徳川家光公使用の門、本堂前のイチョウも将軍お手植えと伝えられています。

施設・墓地風景

本堂

本堂

大師堂

大師堂

新墓地

新墓地

● 練馬区 登録有形民俗文化財

「金乗院の一石六地蔵」平成6年3月登録
明暦二年(1656)銘。 船形の石に六地蔵が浮き彫りされている月待供養塔があります。

● 練馬区 登録有形文化財

「金乗院の朱印状」平成9年三月登録
三代将軍家光から14代将軍家茂(万延元年・1860)までの寺領18石9斗余を安堵した古文書。実物は非公開ですが朱印状を写した石碑が境内にあります。

寺院墓地の概要

寺院墓地名 金乗院 真言宗豊山派
住所 東京都練馬区錦2-4-28
アクセス 関越道練馬ICより15分。
東京メトロ 有楽町線「平和台」駅徒歩10分
施設 本堂、大師堂、納骨堂
駐車場 第一駐車場:4台 / 第二駐車場:24台

アクセス

お問い合わせメールフォーム
ページトップへ